Support insurance

注意点に注目する

保険料を減らす際の注意点

保険料の支払いで家計を圧迫していると保険料を減らしたいと悩んでしまいます。今後さらに消費税は上がりますし物価も上昇することが予想されているにもかかわらず給料は上がらないままでいるとなると、保険見直しして保険料を節約したいとなります。たしかに減らせるものは減らしておこうと考えることは悪いことではないです。たしかに保険見直しをすることで、同じ保障内容でいろいろな保険会社の商品を探すと保険料が下がることがあります。ここで注意したいのは、とにかく保険料を減らしたいということだけに注目してしまうとやみくもに保障をやめてしまったとしたら、必要な保障までカットしてしまうこともありますので、何が必要なのか理解して保険見直しをします。

保険見直しして保険料減らす

保険見直しをして、保険料を減らすのならまずは、自分にどのようなリスクがあるのかを理解することです。もし、入院してしまったら医療費は支払えることができるのか、もし亡くなってしまった場合に家族は生活していくことができるのだろうか、働けない状態になった時に収入の大幅ダウンに対応できるかどうかなどです。必要な保障がいくらか分かったら、それについて準備できている保障はあるのか、その準備しているものであっているのかむだがないかを確認していきます。もし、無駄があるのかとなればそれは保険料の節約ポイントとなります。保険料のせうちゃくしたいけれど何からはじめたらいいのか分からない場合は、専門家に保険見直しをすることです。

» ページのトップへ戻る